パールクチュールに研磨剤の成分は入っている?研磨剤3つのデメリット

パールクチュールの口コミ
パールクチュールはホワイトニング効果のある歯磨き粉ですが、ホワイトニング歯磨き粉と言えば、研磨剤で歯の表面を削る⇒黄ばみを落とすというイメージがあるのではないでしょうか?

 

しかし、実は最近では研磨剤を使用せず、歯の着色汚れ(ステイン)を浮かせて落とせる成分を配合したホワイトニング歯磨き粉も存在します。

 

とは言え、比較的原材料が安価な研磨剤に対し、上記のような成分は原材料が高いため、歯磨き粉自体も研磨剤を使用したもと比較して高価になってしまいます。

 

…ただ、価格を犠牲にしてでも研磨剤不使用の歯磨き粉が登場してきているのには、やはり大きな理由が存在します。

 

そのホワイトニング歯磨き粉、研磨剤が入っているかも!?

  • このホワイトニング歯磨き粉は、数回使用しただけで効果を実感できています!
  • たった1週間で本当に白くなっています!

…こんな口コミのあるホワイトニング歯磨き粉を見かけることがありますが、このような場合は成分を確認してみた方が良いと思います。

 

と言うのは、即効性のあるホワイトニング歯磨き粉ほど、研磨剤が大量に配合されている可能性が高いためです。

 

「でも、早く白い歯が手に入るなら良いんじゃないの?」

 

…こんな風に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、研磨剤は言わば「やすり」のような効果を持っているため、歯の表面に付着したステインやザラザラ感、ヌルヌル感を素早く手軽に落とすことができます。

 

しかし、研磨剤で歯を磨くことにはいくつかのデメリットも存在します。

 

そのため、できるだけ研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉の使用をおすすめします。

研磨剤入り歯磨き粉の3つのデメリット

戦術のとおり、研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉は、歯を白くする効果が高いのが特徴です。

 

しかし、それは歯の表面を保護するエナメル質ごとステインをゴリゴリと削って落としているだけなので、歯へのダメージが非常に大きくなってしまいます。

 

…「で、それが何のデメリットになるの?」という事で、ここからは研磨剤の3つのデメリットを詳しく見ていきましょう。

 

1、歯の表面を傷つける原因に

研磨剤は、小さく硬い粒子で出来ているため、歯の表面に細かな傷を作る原因になります。
特に、汚れや黄ばみをしっかり落としたい!と、ゴシゴシとブラッシングしがちな方は要注意です。
傷が多くなったり、深くなったりすると知覚過敏の原因にもなります。

 

2、ホワイトニングできない頑固な汚れが付きやすく

研磨剤を使うと、歯の表面に付着した汚れを研磨するため、一時的にはかなり歯が白くなったと感じることもあるでしょう。
しかし、研磨剤でできた歯の表面の細かな傷にステインが入り込む事で、汚れや黄ばみがなかなか落ちなくなってしまいます。
この状態になると、磨いても磨いてもなかなか白くならず、歯の表面を保護するエナメル質がダメージを受けて、色素の黄色い象牙質が出てきたり、虫歯になりやすくなったりしてしまいます。

 

3、歯茎への刺激が強い

歯へのダメージが大きいという事は、もちろん歯茎へのダメージも強いという事です。
歯磨きをすれば自然と歯茎もブラッシングされるため、歯茎にも研磨剤で刺激を与えていることになります。
そのため、歯槽膿漏の方はもちろん、歯磨きで出血しやすい方も研磨剤入りの歯磨き粉は避けた方が良いでしょう。

パールクチュールは研磨剤不使用

パールクチュールは、研磨剤を一切使用せずに作られたホワイトニング歯磨き粉です。

 

さらに合成甘味料や着色料も一切使用されていないので、老若男女、全ての方が安心して使用できるように開発されています。

 

現役の歯科医と開発しているのも、安心して使用できる大きなポイントです。

 

という事で、もう少し詳しくパールクチュールの特徴をご紹介します。

 

パールクチュールの特徴
  1. コーラルアパタイトが汚れを吸着&再石灰化で白い歯を復活
  2. トリポリリン酸ナトリウムがステインを除去&再付着を予防
  3. パール(真珠末)がステインを洗浄&歯の表面を修復
  4. クリスパタス菌KT-11が歯茎を健康に
  5. グリチルリチン酸ジカリウムが雑菌を強力殺菌し口臭を予防
  6. キリシトールが虫歯を予防
  7. メントールが口臭を予防し、口内をスッキリ

パールクチュールは研磨剤を使用せず、汚れの吸着効果が高い成分を使用して黄ばみや汚れを除去し、さらに歯の表面を再石灰化して、本来の白い歯へと導きます。

 

さらに、研磨剤が入っていないため、歯だけでは無く歯茎へダメージを与える心配もありません。

 

加えて、パールクチュールには発泡剤や合成界面活性剤、漂白剤、着色料、パラベンといった石油系、化学系の成分も無添加なので、とても安心です。

 

また、パールクチュールは歯を白くするホワイトニング効果に加えて、口臭予防や虫歯予防もあるため、トータルで口内環境を整えます。

まとめ

パールクチュールは、研磨剤だけでは無く、発泡剤、合成界面活性剤、漂白剤、着色料、パラベンなどの化学物質が不使用で、天然由来成分のみで出来たボタニカルなホワイトニング歯磨き粉です。

 

研磨剤が不使用なので、研磨剤が多く配合されたホワイトニング歯磨き粉よりも効果の実感スピードは遅くなりますが、歯を痛めずに本来の歯の白さを取り戻せるのが大きな特徴です。

 

実際にパールクチュールを使った多くの方が、1日2回×1ヶ月くらいから効果を実感し始めるそうなので、まずは1ヶ月以上を目安に、コツコツと使ってみてはいかがでしょうか。

 

パールクチュールには、じっくりと使い続けられるようにお得な定期コースも用意されているのでオススメです。

おすすめNo.1のホワイトニング歯磨き粉!

↓パールクチュールの口コミや効果はこちら↓
パールクチュールの口コミ